あの人が消えた

高橋文哉、田中圭 監督・脚本:水野格
配達員だけが知っている事件がある。
「ブラッシュアップライフ」水野格監督が挑む、”先読み不可能”ミステリー・エンタテインメント

TRAILER

INTRODUCTION

次々と人が消えるマンションを舞台に、超豪華キャストと大注目クリエーターで贈る完全オリジナル”先読み不可能”ミステリー・エンターテインメント !!

2023年に放送されたドラマ「ブラッシュアップライフ」で国内外問わず名だたる賞を受賞した今大注目のクリエイター水野格が、完全オリジナル脚本で挑む、映画『あの人が消えた』。
「次々と人が消える」と噂されるいわくつきのマンションを舞台に、配達員の青年・丸子と先輩配達員の荒川が、怪しげな住人らの“秘密”を偶然知ってしまったことから大事件へと巻き込まれていく“先読み不可能”なミステリー作品。
主人公・丸子を演じるのは、今もっとも注目を集める若手俳優の高橋文哉。映画『交換ウソ日記』で第47回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞後もその勢いは止まらず、今年1月に公開された『劇場版 君と世界が終わる日にFINAL』のほか、『からかい上手の高木さん』(5月31日公開)や『ブルーピリオド』(8月公開)が控え、さらにバラエティー番組にもレギュラー出演を果たすなど多岐にわたり躍進中。そして、丸子の職場の先輩で小説家を夢見る男・荒川役を「あなたの番です」や、「おっさんずラブ」シリーズをはじめ数々の映画・ドラマで圧倒的な存在感を放つ田中圭が演じます。

冒頭から伏線が張り巡らされ、1シーンたりとも無駄がない驚異の面白さと、予想を鮮やかに裏切られる快感。観たあとには、絶対に誰かに話したくなる、そんな唯一無二のミステリー・エンターテイメントの誕生を、ぜひご期待ください!

STORY

「 次々と人が消える」と噂される、
いわくつきのマンション。
配達員の青年・丸子(高橋文哉)は
毎日のようにマンションに出入り
するなかで、
怪しげな住人の“秘密”を
偶然知ってしまう。
会社の先輩で小説家志望の荒川(田中圭)にも打ち明け、
意見を仰ぎながら住人の正体を探ろうとするが、
やがて二人は思いも寄らない大事件へと巻き込まれていく──

COMMENT

高橋文哉

高橋文哉丸子 役

この度、映画「あの人が消えた」で丸子役を務めさせて頂きます、高橋文哉です。
「ブラッシュアップライフ」の水野監督が送る予測不可能なミステリー。この言葉だけでワクワクするのではないでしょうか。僕もそのひとりです。監督、脚本の水野さんは凄くユーモアに溢れる方でお芝居も凄く丁寧に繊細なところまで見てくださっていて、監督のイメージに追いつきたい!と思いながら撮影していました。撮影中、この現場の明るい空気感は水野さんを中心に作られているんだなと感じ、こんな素敵な組で主演をやらせていただいているということがすごく嬉しかったです。
そして、田中圭さんとは2度目の共演で、以前ご一緒させていただいた時は10代でした。圭さんとまた一緒にお芝居させていただけると聞いた時は本当に嬉しくて、クランクインが楽しみで仕方ありませんでした。成長した姿をお見せできるようにと緊張しながら撮影していたのですが、圭さんの優しさがあの頃と変わらず、緊張が解けてとても救われました。
『あの人が消えた』は本当に先の読めない物語で、皆さんの身近にも居る配達員さんをテーマにした作品になります。夏から秋の変わり目にドキッとヒヤッとしながら、真っ直ぐにこの作品を楽しんでいただけたらとても嬉しく思います。

田中圭

田中圭荒川 役

映画「あの人が消えた」のお話をいただいた際は高橋文哉くんが主演とのことで、なんとか参加したいなと思っていました。前回の作品では、先生と生徒という関係性でしたが今回は先輩と後輩で撮影に入る前から楽しみにしていました。お互いにあれから様々な作品と出会って、そしてバラエティ番組の共通点も増え、また こうして一緒の作品に参加出来ることがとても嬉しいです。鬼才感溢れる水野監督とご一緒できたことも新鮮でとても楽しい撮影でした。
マンションのお話で、ミステリー要素も強く、さらに豪華キャストなので、よりワクワクしながら台本を読んでいました。撮影は濃縮されたあっという間の期間だったので、今から完成が楽しみです!

水野格

水野格監督・脚本

この物語はコロナ禍のステイホーム期間中に思い付きました。ずっと家にいたあの期間、僕は初めて隣人に誰が住んでいるのかを知り、自分が住むマンションについて何も知らなかった事に恐怖を感じました。一方でネットショッピングを頻繁に利用するようになり、いつも同じ配達員さんが届けてくれる事に気づき、思ったのです。「このマンションの事を一番知っているのは、この配達員さんなんじゃないか?」と。
そんなあなたの身近にも起こるかもしれないお話を、高橋さん、田中さんはじめ、豪華キャスト・スタッフの皆さんが思っていたよりも何倍も面白くしてくれました。色々な仕掛けがある映画なので、観終わった後もあーだこーだ言いながら楽しんで頂けたら嬉しいです。

PROFILE

1989年5月30日生まれ。愛知県名古屋市出身。 2023年、監督を務めたドラマ「ブラッシュアップライフ」(主演:安藤サクラ×脚本:バカリズム/NTV)が国内外で数多くの賞を受賞し、自身もAsian Academy Creative Awardsで最優秀監督賞を受賞。近年は海外にも活動の場を広げ、2022年に企画・監督を務めた日英共同開発ドラマ「名探偵ステイホームズ」が国際的な評価を得て、その米国版を、実写版ONEPIECEを手がけたTomorrow Studiosと共に企画進行中。
その他、監督を務めた作品にスペシャルドラマ「侵入者たちの晩餐」「ダマせない男」「ダブルブッキング」、連続ドラマ「レッドアイズ監視捜査班」など多数。